【有馬温泉月光園便り】有馬マニア 〜有馬の起源、地名の由来


今日の月光園便りは有馬という地名の語源についてのお話です。

有馬という言葉、ぱっと言われても意味がわからないですよね。
馬が有る、というところから来たというわけではなさそうですけど、、、

どうもこの言葉、アイヌ語が起源ではないかという説があります。
アイヌ語で「燃える谷」を意味する「アリマ」が起源ではないか、というのが1つの説として出ています。
有馬に限らず、日本全国の地名にアイヌ語起源の可能性があるケースもみられるようですね。
ただ、まだまだ一説という範囲を出るものではないようです。

その他に、古代日本語において山をアリと表現することが多いことから、有馬が「山間の土地」を意味するという説もあるそうです。
有馬という地名の起源、まだまだ藪の中といったところでしょうか。

この有馬という地名、実は他にも数ヶ所あります。
長崎県南島原市(旧南高来郡)、神奈川県川崎市、神奈川県海老名市などにも有馬の地名があります。
海老名市には有馬図書館という市立図書館も存在しています。
さらに遠くタイのバンコク、パッポンという歓楽街にずばり「有馬温泉」という名前の古式マッサージ店があります。
これはもちろん、神戸の有馬温泉の名前を使ったものですね。

他の有馬はどれも温泉地というわけではありません。
そこから考えると「山間の土地」という説は結構有力なのでは、とも思えます。
機会があれば、他の有馬の地も一度は訪れてみたいものです。

※参考文献・・・「北摂三田の歴史」北康利著

平成18年9月20日(水) 有馬温泉月光園 奥平


カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ブログ内検索

アーカイブ