「2018年04月」の記事一覧

月光園の会席料理 游月山荘編

 

皆様、こんにちはー。
有馬温泉 月光園の西城でございます。

今回は『月光園の会席料理 游月山荘編』でございます。

月光園のことを知って頂く機会にしてい頂きたく、鴻朧館編から続くこの話題。

游月山荘でお出ししている会席料理の内容をお品書きの一部ではございますが、ご紹介させて頂きますので、お付き合い頂ければ幸いでございます。
なお、お品書きは月に1度替わりますので予めご了承下さいませ。

 

~游月山荘~

先附
 ・わらび烏賊
  烏賊をわらびに見立てたもの

 ・サーモン錦紙巻
  スモークサーモンを金紙玉子で巻いたもの

  竹の子や春キャベツなども盛り込み、春を感じる最初の一品です。

 

八寸
 ・海老木の芽焼き
  海老の背に木の芽味噌をぬり、焼き上げたもの

 ・若桃ゼリー寄せ
  白桃の幼果をシロップ漬けにしたものをゼリー液で流し固めたもの。
  白桃の幼果の種は柔らかくて食べられる

 ・白和え
  筍を千切りにしたものと春菊と赤蒟蒻を豆富の衣で和えたもの

 

煮物椀:
 ・桜豆富
  桜の花の塩漬けをペースト状にし、葛豆富に桜色と甘い香りがするくらいに入れ、時間をかけて練り上げている

 ・新緑新荘真丈
  春を告げる食材のうすい豆を裏ごしたものを、魚のすり身に混ぜ込み、丸くつまんですくい取った椀種。
  若葉の緑色をイメージした真丈

 ・白木茸
  お椀の中でお花が咲いたようにふわふわと漂うのが白木茸。
  白木茸は食物繊維が豊富な食材。
  桜の豆富、薄い豆の真丈、白木茸の花びら、見た目も春らしい煮物椀です。

 

焜炉
 ・黒毛和牛しゃぶしゃぶ鍋
  もみじ卸しを入れたちり酢で召し上げって頂くしゃぶしゃぶ鍋です。

 

蓋物
 ・桜葉蒸し
  薄紅色に染めた道明寺に旬の鰆をのせ、桜の葉で巻いた後、道明寺で作る桜餅のように蒸したもの。
  道明寺はもち米を水に浸し蒸し上げ、乾燥させたもの。
  桜の葉はオオシマ桜のやわらかい新葉を使用している。

 

揚物
 ・甘鯛蕗巻東寺揚げ
  甘鯛で蕗を巻き周りに湯葉をつけ揚げたもの

 ・海老香り揚げ
  大葉紫蘇を刻んだものを衣変わりにつけ揚げたもの

 ・蓬麩玄米揚げ
  蓬麩に玄米粉をつけて揚げている

 ・新牛蒡唐揚げ
  新牛蒡を唐揚げにしました

 ・たらの芽金麩羅
  旬のたらの芽を金麩羅粉で揚げています

 

ご紹介は以上でございます。

どのお料理も食材にこだわり、旬のものを用意し、春を感じて頂けるものとなっております。
また、厨房スタッフが手間をかけて調理した旅館でしか食べることが出来ない内容となっております。

 

さて、今回会席料理をご紹介させて頂きましたが、それだけでも日本料理の世界の深さを感じました。
私自身、まだまだ勉強が必要だと感じる一方で興味がますます湧きました。

 

また、皆さんに楽しくお伝え出来ればと思います。
最後までお読み頂き、有難うございました。

それでは~。

平成30年4月19日(木)
有馬温泉 月光園 西城

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>


カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ブログ内検索

アーカイブ