「2018年06月」の記事一覧

六甲山頂~六甲オルコールミュージアム+六甲ケーブル編~

皆様、こんにちはー。
有馬温泉 月光園の西城でございます。
 
さて、六甲山頂のリポート、今回は『六甲オルコールミュージアム』と
『六甲ケーブル』のご紹介です。

まずは、『六甲オルコールミュージアム』から。
『六甲オルコールミュージアム』のHPはこちら

英国風の建物が神戸らしく、六甲の自然と調和しています。

館内はアンティーク・オルゴールが展示されていて、
レトロな雰囲気が満点です。

珍しいオルゴールに興味を持ったら、コンサートがお薦めです。
歴史・音楽・仕組み等、様々な角度からの解説とともに、オルゴール等自動演奏楽器の実際の演奏が楽しめます。

西洋では、列車の待ち時間にコインを入れて、オルゴールを鳴らして人々が聞いていたことがあるそうです。
そんな豆知識を教えてもらいながら、実際に駅に設置されていた形のオルゴールを聞かせてもらいました。

また、自動演奏楽器と人が共演する1コマもあり、
コンサート案内人のお姉さんが楽器演奏に合わせて効果音やオルガン演奏を入れる様子も楽しかったです。

コンサートは
・レギュラー・コンサート(各回約20分)と
・特集コンサート (各回約20分)
の2種類があるので、時間があれば両方のコンサートを聞きたかったです。

コンサート以外の過ごし方としては、
『オルゴール組み立て体験』も出来るそうです。
これは、素敵な記念になりそうですね。

イベントも定期的に行われているらしく、
私が面白そうだと思った企画は…

「”アリス”ウィーク」
『不思議の国のアリス』気分を楽しむ一週間

2018年6月30日(土)~7月8日(日)

六甲オルゴールミュージアムでは、「不思議の国のアリス」
が書かれた19世紀後半に作られたアンティーク・オルゴールを含めた自動演奏楽器を所蔵しています。
また館の周りには、イングリッシュ・ガーデンをコンセプトに植栽を行う「ミュージアムガーデン」が広がります。
アリスの誕生した時代や場所に思いを馳せながら、ゆったりとしたひとときを過ごしていただこう企画です。

【イングリッシュガーデンでアフタヌーンティー】

館内に併設されているシュトラウス・カフェの特別メニュー「アフタヌーンティー」を緑に囲まれたミュージアムガーデンで頂くことが出来ます。
アリスが物語の中で招待された庭園でのティーパーティーを、アリスになったつもりで楽しめます。
詳しくはこちら

イングリッシュガーデンでお茶を楽しみながら、アリス気分になれるなんて素敵だなぁなんて想像してしまいます。

さて、次は『六甲ケーブル』です。
六甲山と神戸市街地を結ぶ六甲ケーブルは、六甲山の玄関口として、六甲ケーブル下駅から六甲山上駅までの約1.7kmを、約10分間で結びます。

時刻表・運賃表等詳しくはこちら

ケーブルカーは2つの車両がロープで繋がっていて、井戸のつるべのように一方の車両を引き上げると、もう一方の車両が下がってくるしくみになっています。
また、車両に動力を持たないため、六甲山上駅の巻上場にある巻上機を使ってモーターで動かしています。

今回は特別にケーブルの巻き上げ室を見学させて頂きました。
大きな滑車が動く姿は迫力満点。
この上で、ケーブルカーが動いていると思うと不思議でした。

六甲山リポートは以上です。
観光協会の方の話によると、海沿いに1000m級の山があり、
海からの景色と山からの景色が両方を楽しむことが出来るこの立地は世界でも珍しいとのことです。

また山の水は、雨水・雪解け水が地中に染み込んだものが、長い時間をかけて地上へと流れて出てきたものですが、
六甲の水は二酸化炭素の消毒作用で、傷みにくいそうです。
そして、二酸化炭素と言えば、有馬の銀泉と同じ成分です。
それほど、有馬と六甲は近く、深い繋がりがあるということですので、
これからは、ご縁を感じながら六甲山を眺めたくなりました。
是非、多くのお客様に六甲山を訪れて頂きたいです。

それでは、今回はこの辺まで。
また、ブログを見に来て下さい。

平成30年6月8日(金)
有馬温泉 月光園 西城

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>


六甲山頂~ロープウェー+おすすめグルメ(ジンスカン)編~

皆様、こんにちはー。
有馬温泉 月光園の西城でございます。
 
今回は六甲山山頂へ行ってきました。
あいにくの天気でしたが、雨に負けずにリポートします!!
まずは有馬温泉駅のロープウェー乗り場からです。

気になる運賃と時刻表です。
時期よって終発の時間が異なるので注意が必要です。

詳しくはこちら

駅にはペッパーもいました。
ペッパーは英語・中国語等…語学が堪能なので、
待ち時間に話し相手になってもらうと良いかもしれません。

それでは、ロープウェーに乗り込んで出発!!!

六甲有馬ロープウェーは国立公園六甲山の自然の中を通って、有馬温泉と六甲山頂を約12分で結んでいます。
窓からは、六甲山の雄大な自然が間近にご覧頂けます。
…のはずが、この日は雨。
窓は濡れていた上に、霧で外の景色が見えませんでした。
うーん、残念です!
写真掲載もなしで勘弁して下さい。

ロープウェーが到着する先は六甲山頂駅。

山の麓よりひんやりとした気持ち良い空気を感じながら、再び取材開始です。

六甲山の移動には六甲山上バスが便利です。
詳しくはこちら

向かった先は、六甲高山植物園。
六甲山上バスのロープウェー山頂駅からはバスで15分程度です。
●六甲高山植物園
世界の高山植物など約1,500種を栽培。
映像館では四季折々の花々が紹介されています。
詳しくはこちら

現在は「ヒマラヤの青いケシ」と言われる『メコノブシス・ベトニキフォリア』が見頃を迎えていました。

さて、六甲の自然を満喫した後はおすすめグルメのご紹介です。
レストラン『ジンギスカンパレス』へ行きました。

立地としては、六甲山頂駅側、六甲ガーデンテラスの近くにあります。
詳しくはこちら

私が頂いたのは、牛肉・ラム肉・鶏肉・豚トロと野菜・シーフードのセットです。
バーベキューで頂きました。

山と海に恵まれた神戸らしいメニューが楽しめます。
また、『ラム肉が初めてで好みに合うかが不安』という方もこれだけお肉の種類があれば安心だと思います。
ラム肉は臭みがなく、ジューシーで美味しく食べることが出来ました。
白ご飯と一緒に食べればお腹いっぱいになります。

このレストランからも、山からの絶景が臨めるそうで、大阪方面へ向けて海の美しい景色を一望出来るそうです。
天気が良い日は「あべのハルカス」も見ることが出来るそうですが、天気が悪くて残念でした。

天気には恵まれませんでしたが、案内をして頂いた方によると、こういう日は結構あるとのことです。
しかし、その分雨に濡れた草木の緑が綺麗だったり、空気が澄んでいたり、霧がかった景色が幻想的に感じられたり…と魅力もあります。

さて、今回はこれまで。
六甲山では『六甲ケーブル』と『六甲オルゴールミュージアム』も取材してきましたので、
次回お伝えさせて頂きます。

それでは~。

平成30年6月4日(月)
有馬温泉 月光園 西城

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>


神戸まつり2018 その3 ~ジェラトーニワゴン~

皆様、こんにちはー。
有馬温泉 月光園の西城でございます。
 
神戸まつりのリポートも今回で完結となります。
早速、始めましょう!!

おまつりに合わせて、
『東京ディズニーシーから「ジェラトーニワゴン」がやってくる。』
ということで、メリケンパークを目指しました。

駅から目的地までハーバーランドを歩きました。
この場所は活気ある三宮周辺と比べて、
静かで神戸らしい景色が広がります。
心地よい風が吹いていました。

ファンタジー号も発見しました。

なぜ、気になったかというと月光園で『ファンタジー号乗船プラン』
というものがあるからです。
“宿泊翌日にクルージングをお楽しみ頂ける”という
当館でも人気のプランでございますので、
皆様、こちらも宜しくお願い致します。

詳しくはこちらから~
【みなと町神戸観光】女性・ファミリーにオススメ!「ファンタジー号」で非日常な海の旅♪
鴻朧館はこちらから
游月山荘はこちらから

さて、話を戻して、
お目当ての「ジェラトーニワゴン」です。

関西で見ることが出来るのは、珍しいかもしれません。
画を描くことが大好きな猫のキャラクター「ジェラトーニ」。
ジェラトーニのアトリエをイメージしたような飾り付けと、
かわいい世界観で大人気でした。

なんと、「ジェラトーニ」のぬいぐるみと同じ素材でラッピングがされています。
実際に触れて「ふわふわ~」「気持ちいい~」と言う方も
たくさんいらっしゃいました。

ワゴンの横ではディズニーの【ダッフィーと仲間たち】のグッズの展示もされていて、
こちらも女性達から『かわいい』の声が上がっていました。
パレードとは違い、こちらはゆっくりと見ることが出来ましたよ。
神戸ではグッズ販売をしていませんが、
こんなに可愛く飾り付けられると欲しくなってしまいます。

以上でメリケンパーク会場のリポートは終了です。

『年に1度のイベント』とあって、大盛り上がりの神戸まつりでしたが、
楽しむ人の笑顔を見て、また来年も無事開催されて欲しいと思いました。

またこれからも、神戸の楽しい場所やその魅力を伝えていきたいと思います。

それでは~。

平成30年5月25日(金)
有馬温泉 月光園 西城

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>


神戸まつり2018 その2 ~パレード編~

皆様、こんにちはー。
有馬温泉 月光園の西城でございます。
 
今回はパレードと大丸神戸店北側ステージの様子をお伝え出来ればと思います。

パレードの目玉はなんと言っても
『東京ディズニーリゾート 35周年スペシャルパレード』。

皆が大好きなディズニーキャラクターが神戸にやって来る!!
ということで、パレード前の会場は本番を楽しみに待つ人達で溢れていました。

ディズニーの格好をした人や人形を抱えて待つ小さな子までいましたよ。
私も、その中に混じって取材開始です。

そして…ついにやって来ました!!
ミッキーとその仲間達!!!

ディズニーランドのパレードでも使用されている軽快な音楽にのせて、
キャラクター達が手を振ってくれています。
パレード用のディズニーワゴン車も素敵ですね☆

キャラクターが近付いて来た時は、かなり嬉しくなりました。
関西でミッキーマウスに会えるなんて、感動です。
周りの歓声も大きく、ディズニー人気を実感しました。

ディズニーの後は、サンバ・ダンス・バトン・マーチング等
選りすぐりの団体によるパレードが続きました。

パレードはダンスや音楽で盛り上がると同時に各団体のPRの場でもあるので、
パレードを楽しむだけでも、今まで知らなかった神戸のエネルギッシュな面を
見ることが出来ました。

次はパレードを見ながら、元町の会場へ。
■ダンスアベニュー
 (ダンス中心のステージと人気のゆるキャラ達が登場するステージ)

 ダンススタジオのキッズ達が元気な踊りで会場を盛り上げていました。

 その後は、ゆるキャラステージ。
 知っているキャラから知らないキャラまで…
 少しご紹介させて頂きましょう♪

 ●須磨海浜水族園のスマッピー(青いイルカ)とピンキー(ピンクのイルカ)


 
 ●はばたん(黄色いキャラクター)とループにゃん

●コーベアー

 ●とらきち

 ●スナQ

ゆるキャラステージでは、手を振ったり…決めポーズを披露したり…
場を和ませてくれました☆

今回はここまで。
屋台にパレード・ステージ鑑賞と回り、この街のパワフルさを感じた日となりました。

最後に、メリケンパークに『おまつりに合わせてあるものがやって来る』ということで、
このあとハーバーランドまで足を運んでみました。

その様子は、また次回お伝え致します。

それでは~。

平成30年5月23日(水)
有馬温泉 月光園 西城

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>


神戸まつり2018 その1

皆様、こんにちはー。
有馬温泉 月光園の西城でございます。
 
5月20日、とても爽やかな良い天気の中で『神戸まつり』が開催されました!!
取材に行ってきましたので、その様子を数回に分けてリポートさせて頂きます☆

まずは、東遊園地から~
■花舞台(北側特設ステージ)
 この場所では郷土芸能や民族芸能などが披露されていました。

 『フラメンコスタジオ』の生徒さんたちの情熱的なダンス♪
 会場は大いに盛り上がっていました。

 神戸まつりは、「こんな教室が神戸にあるんだ」を沢山見つけられる場所です。
 ステージを見ていると、好奇心が刺激されます。

■おまつりスクエア
 各団体のPRコーナーのブースが集まるエリア。

 他県のPRブースを訪れました!
 各県の観光地や名産品の情報をゲット出来ましたよ。
 親善大使のスマイルも頂きました。

 水戸のゆるキャラも発見しました。


 
 神戸まつりは県同士の交流の場でもあるということですね。

■おまつり屋台村 
 おまつりらしい賑わいある屋台が集合するエリア。

 香ばしいものから甘いものまで…
 ここはとっても良い匂いがしていました。お腹が空いている時に通るとたまりません。
 食事を摂る人でとても賑わっていました。

パレードの通りへ出て~
■総踊り
 神戸婦人団体協議会の皆さん、約1,300人の踊り。

 この人数に圧倒されました。
 婦人団体に入っていらっしゃる方がこんなにいるとは初めて知りました。

 神戸まつりはいたるとことでダンスやアーティストのライブの発表が行われているので、
 自分と異なる趣味や世代の方のことが、垣間見える面白さがありました。

そごう神戸店前~
■おまつり広場
 地場産業の製品販売とラジオ関西によるアーティストライブ
■おっ!サン商店街
 郷土料理と珍しい物産に出会えるエリア

 このエリア周辺は「物販・食品販売と企業ブーズの通り」とあって、多くの人で賑わっていました。

 「神戸の特産品マーケット」は売り切れ必至という人気。コーヒーが販売されていました。

 また、地元で人気のパン屋さんが出店していたりと、
 ”どんどん自分たちで地元・神戸のものをアピ-ルしていこう!”という熱意を感じました。

 「チャリティーバザー」のブーズもありましたよ。
 ”積極的にアクションを起こそう”という意味もこのお祭りにはあるのかもしれませんね。

今回はここまで。
次回は「神戸まつりといえばこれ!」という、パレードの紹介したいと思いますので、
また月光園だよりを覗きに来て頂ければ幸いです。
 
それでは~。

平成30年5月21日(月)
有馬温泉 月光園 西城

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>


「六甲フォトグラフィックガーデン 特別優待券」販売

皆様、こんにちはー。
有馬温泉 月光園の西城でございます。
 
今回は六甲山頂の施設でご利用頂けるお得な優待券について
ご紹介したいと思います。

「六甲フォトグラフィックガーデン 特別優待券」は、六甲山頂にある
4つの有料施設のお得に入館出来るチケットです。

さらに当日外のお好きな日に、いずれかの有料施設に
もう一度入館出来る特典付きです。

名称】ROKKOフォトグラッフィックガーデン 特別優待券

販売期間(使用可能期間)】5月11日~7月31日

販売期間】単体で購入した場合
  大人(中学生以上)/1,300円 子供(4歳~小学生)/650円
ロープウェー優待券とセットの場合
  大人(中学生以上)/2,300円 子供(4歳~小学生)/1,700円 

利用可能施設
●六甲オルゴールミュージアム 大人通常価格/1,030円 子供通常価格/510円

●六甲高山植物園 大人通常価格/620円 子供通常価格/310円

●六甲カンツリーハウス 大人通常価格/620円 子供通常価格/310円

●自然体感展望台 六甲枝垂れ 大人通常価格/300円 子供通常価格/200円

~4つの施設を利用すると~
大人通常価格/2,570円 子供通常価格/1,330円

「六甲フォトグラフィックガーデン 特別優待券」単体の価格が
大人(中学生以上)/1,300円 子供(4歳~小学生)/650円なので…
差額=お得になる額 大人/1,270円 子供/680円
※「自然体感展望台 六甲枝垂れ」の入場券は当館で販売している『ロープウェー優待乗車券』にも付いています。

六甲山頂は爽やかな風が吹くとても気持ち良い季節を迎えたということで、
夏のお出かけにピッタリではないでしょうか。

六甲のおいしい空気を思い切り吸うというのも良いですね。
このチケットを利用して、是非お得に楽しんで下さい♪

それでは~。

平成30年5月18日(金)
有馬温泉 月光園 西城

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>


宝塚北SA

皆様、こんにちはー。
有馬温泉 月光園の西城でございます。

今回は話題の場所のリポートです。

 

3月18日、新名神高速の川西IC~神戸JCT間が開通・それと同時に宝塚北SAがオープンしました。

上下線どちらの利用者も同じ施設を利用できる上下線集約型。
新名神高速のNEXCO西日本管理区内でSAがオープンするのは、これが初めてです。

西日本最大級の敷地棟面積や駐車台数となる宝塚北SAは、電気自動車(EV)の充電スタンドも設置。
一般道からSAを利用できる出入口「ウェルカムゲート」も設けています。

 

フードコートは、和・丼・洋食など5店が入っています。
大阪で愛される名店の味も堪能出来ますよ。

詳しくはこちら

 

カフェ・ベーカリーでは、
トッピングを選んでアレンジ出来るヨーグルトジェラート「Yogorino(ヨゴリーノ)」が西日本の高速道路初出店。
その他、カフェ「タリーズコーヒー」や天然酵母の焼きたてパン「森のパン」が並びます。

 

テイクアウトコーナーでは、ソフトクリーム・コロッケ・サンドウィッチなど5ブースが出店。
私は長いポテトを購入し、食べましたが写真はありません。
ごめんなさい!美味しかったです!

 

屋外エントランス「パティオ」ではおしゃれなベンチがあり飲食も楽しめるので、天気が良ければテイクアウトで購入した商品をここで召し上がれます。
私もここで休憩しましたが、とても賑やかで、楽しい雰囲気で溢れています。

また、この場所では多彩なイベントも定期的に開催されています。
偶然、大道芸を見ることが出来ました!!

ショッピングコーナーでは関西のお土産を中心に、宝塚歌劇や手塚治虫に関するグッズなども販売されています。

「リボンの騎士」のサファイア姫も発見。

 

セレクトスイーツコーナーでは8つの関西有名ブランドが集まっています。
優雅なシャンデリアのもとショーケースにて対面販売がされています。

トイレは空きブースがひと目で分かるエレガント空間です。
女性にとっては清潔で広い空間が嬉しいです。

 

道路情報も大きな画面でチェックすることが出来ます。

話題のスポットということもあり、やや混雑していましたが、広く・新しい場所なのでとても気持ち良く過ごすことが出来ました。
有馬にお越しの際は、ドライブの休憩に立ち寄ってみてはいかががでしょうか。

 

それでは~。

平成30年4月27日(金)
有馬温泉 月光園 西城

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>


永沢寺 ぼたん園 満開

皆様、こんにちはー。
有馬温泉 月光園の西城でございます。

 

本日の話題は観光スポット案内です。

現在、永沢寺 ぼたん園の花が満開を迎えているそうです。

関西地方にはぼたんの名所がたくさんありますが、
永沢寺 ぼたん園は奈良の長谷寺や石光寺に次いで品種、株数の多さを誇っています。

規 模:100種類 2,500株 1,200坪

※写真はイメージです。

また、永沢寺は高地に位置しているため他所のぼたんと異なり開花が遅く
例年4月下旬から5月中旬が見頃になりますので、関西では一番遅く鑑賞頂けるとのことです。

ぼたん植栽のレーンに屋根を付けておりますので、
雨の影響も少なくお花を長くきれいに見て頂くことが出来ます。

なお、ぼたん園は三田/永沢寺 花しょうぶ園と同じ場所にあるようで、
時期によって見頃の花が変化します。

水ばしょう(3月下旬~4月中旬)
ぼたん園(4月下旬~5月中旬)
花しょうぶ園(6月上旬~7月上旬)

★2018年の「ぼたん園」は4月28日(土)より開園予定です★
※開花は気候により変わりますのでご確認の上ご来園ください。

【ぼたん園】

入園料:(種苗代) 大人(高校生以上)500円(税込)

こども(中学生以下)無料※ファミリー特典

開園時間:M9:00~PM5:00【開園期間中無休】

 

〒669-1502
兵庫県三田市永沢寺82-3

Tel:079-566-0935

(花期開園中は無休)

詳しくはこちら

 

また、同じく永沢寺の敷地内にある『花のじゅうたん』の
芝桜(モスフロックス)もこれからの時期、見頃を迎えるそう。

4月中旬頃から5月中旬頃まで丘一面花と香りで埋まり、見応えがありそうです。

【花のじゅうたん】

〒669-1502
兵庫県三田市永沢寺170番地

TEL:079-566-0446(代)

詳しくはこちら

これから暖かな季節になりますので、有馬観光にプラスして、
思い切りきれいな空気を吸い・爽快な気分になるのはいかがでしょうか。

アクセス:

  • 中国自動車道

神戸三田インターより約22km
西宮北インターより約26km

 

  • 舞鶴自動車道

三田西インターより約21km
丹波篠山口インターより約13km

平成30年4月26日(木)
有馬温泉 月光園 西城

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>


宝塚観劇 その2

皆様、こんにちはー。
有馬温泉 月光園の西城でございます。さて、今回は『宝塚観劇 その2』。
皆さん、お付き合い頂ければ幸いでございます。
それでは、行きましょう!!

建物内に1歩入ると、煌びやかな世界が広がります。

観劇前後はレストランでのお食事・ショッピング・宝塚歌劇の殿堂(ミュージアム)見学等、いろいろな楽しみ方が出来ます。

ショッピングならば、『Quatre Reves』へ!!
パンフレット・ブロマイド・雑貨・書籍等…宝塚グッズをチェックすることが出来るお店で、ファンは必ず立ち寄る場所です。

歌劇のことをもっと知りたいならば、『宝塚歌劇の殿堂』へ。

ここでは宝塚卒業生の写真紹介があり、貴重な品を見て歌劇の軌跡を楽しむことが出来るそうです。
今回、私は時間の都合で行くことが出来ませんでしたが、折角観劇に来たならば、立ち寄っても良い場所かもしれません。
詳細はこちらから。

少し面白い体験が出来る場所が『ステージスタジオ』。
タカラジェンヌと合成写真を撮ったり、扮装写真を撮影することが出来ます。
1度着てみたかった男役の衣装も…憧れの娘役衣装も…メニューにあるものならばOK。
興味がある方は是非挑戦してみて下さい!!

さて、開演時間が近付いて来たら、劇場へと入りましょう!!!

ロビーは豪華絢爛。

公演に合わせた花もいけられています。
今回はお芝居の舞台『古代オリエンント』をイメージしているといった感じでしょうか。

さあ、この先は夢の世界が広がります!!
歌劇専用劇場では、オリジナルから海外ミュージカルまで、多彩な作品が上演されています。

公演が終わった時には、きっと明日から頑張ろうと思うことが出来るはずです!!
お連れ様と感想を言い合ったり、主題歌を口ずさんで帰ることが出来れば、思い出がさらに楽しいものになるのではないでしょうか。
有馬温泉旅行に観劇を合わせるのも相性が良い組み合わせだと思います。

少しでも雰囲気が伝わればと思い、2回に渡って続けたリポートでございますが、ここで終了です。
最後までお読み頂き有難うございました。

前回のリポートはこちらから:『宝塚観劇 その1』

アクセス:いくつかルートがありますので、その内2つをご紹介します。
神戸電鉄 有馬温泉駅から有馬口で乗り換えて三田方面へ。
その後、三田駅にてJRに乗り換えて宝塚駅へ。

または、

阪急バス:有馬駅前駅から宝塚駅へ。

どちらのルートも1時間程度で到着出来ます。

また、面白い場所へ行った時はリポート出来ればと思います。
それでは~。

平成30年4月23日(月)
有馬温泉 月光園 西城

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>


宝塚観劇 その1

皆様、こんにちはー。
有馬温泉 月光園の西城でございます。

今回は有馬周辺スポットのご紹介です。
有馬から1時間以内で訪れることが出来るご近所の街『宝塚』。
『宝塚』と言えば『歌劇』。ということで、観劇をして来ました!!

私自身、約5年ぶりの観劇でございます。
我が家の本棚に長年鎮座している少女漫画『天は赤い河のほとり』。
この度、この大好きな漫画が宝塚で舞台化することになりました!!

ちなみに、上演期間は宝塚大劇場で4月23日までですので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

宝塚大劇場が入っている建物内の煌びやかな世界を早くお伝えしたい気持ちを抑えつつ、
まずは、阪急宝塚駅から大劇場までの道程。

阪急宝塚駅をはじめ、劇場までの道程にはワクワクする仕掛けがいっぱいです。

床の案内表示。
毎日この駅を利用している方にとっては何気ないものかもしれませんが、これから大劇場へ向かう人にとってはテンションが上がります。

駅の階段。
これも毎日駅を利用している方にとっては、見慣れた光景かもしれません。
しかし、いきなりこの階段の画を見た人にとってはビックリ。
『歌劇+大階段』という相性抜群の組み合わせを駅に再現するとは…すごいです!!

デュエットダンスの像。
定番スポットではありますが、やはり見ると嬉しくなります。

駅を後にしたら『花のみち』を通って劇場へ。
観劇をする際に是非通って欲しいコース・夢の世界へ続く道です。
ここは、桜の名所でもあり、私が訪れた4月1日は満開でした。
現在はかなり散ってしまっていると思われますが、取材時の美しい景色をご紹介します。

『花のみち』を抜けると劇場へ到着です。

ゲートを抜けると…宝塚らしいものを発見。
ラインダンスと公演ポスターの大きなパネルがあり、多くの人が写真撮影をしていました。
記念に丁度良く、インスタ映えもしそうです。

さて、この建物の中の様子は…また今度ご紹介させて頂きます!!

また、月光園だよりを覗きに来て下さい!!

それでは~。

平成30年4月13日(金)
有馬温泉 月光園 西城

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>


カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ブログ内検索

アーカイブ