「有馬温泉こだわり情報」の記事一覧

みなとこうべ海上花火大会

みなさまこんにちは♪

8月6日に行われました、『みなとこうべ海上花火大会』に行ってまいりました★
当日は電車の中から浴衣美人を多く見てお祭りムード満点!

会場に着くとたくさんの人が場所取りをしていました!
私たちも今年初めての花火、気合いを入れて始まる3時間前には到着しました。
その間に食べたキュウリがとてもおいしかったです。笑

7時40分から始まった花火は10,000発!
関西でも屈指の規模の花火大会です。
今年は東日本大震災で被災された方も招待されていました。

力強く夜空にあがる花火を見ていると、とても勇気づけられ、
日本が一丸になって復興しないといけないなと改めて思いました。

月光園
福嶋


レモンスカッシュ?レモネード?

みなさま、こんにちは♪

本日は、皆様に游月山荘ロビーにある喫茶「具楽須」でお召し上がりいただける、
レモンスカッシュについての記事を考えていたところ、
ネット上でおもしろいページを見つけましたのでご紹介させていただきます。

アメリカとカナダ
炭酸の入っていない砂糖入りレモン水。レモネードとビールのカクテルは「シャンディ・ガフ」。
インディアンの伝統飲料に由来する「ピンク・レモネード」もよく飲まれている。
幼い子供が小遣い稼ぎ程度の収入目的で、道端にて手作りレモネードの露天販売
Lemonade stand)を行うのは、古くからアメリカで見られる夏の風物詩であるが、
原材料費節約の為にレモンではなく粉末クエン酸(子供でも薬局で簡単に安価で購入出来る)
で代用する事も多い。

イギリス
砂糖かあるいは甘味料入りのレモン水、もしくは薄める前の原液のことを言う。
レモネードとビールのカクテルは「シャンディー」(en:Shandy)。

アイルランド
レモン風味の炭酸水を指すが、「白レモネード」と「赤レモネード」がある。
白レモネードは他国にある無色の炭酸入りレモン水と同じだが、
炭酸で泡立つ赤レモネードはアイルランド特有。

オーストラリアとニュージーランド
無色透明の炭酸レモン水のことをレモネードと呼ぶ。
これはイギリスやコモンウェルス圏で用いられる。
Sprite や 7Up のラベルに「lemonade」と書かれていた事もあった。
これがレモン果汁などで濁っていると「レモンスカッシュ」(Lemon )と呼ばれ、
Solo
Lift といった商品がある。希に、ただのレモン果汁のことを「レモンスカッシュ」と呼ぶこともある。

フランス
フランス語では “limonade” と言う。イギリスと同様の炭酸飲料で、LorinaPschitt といった
商品が該当する。ビールと “limonade” のカクテルは「パナシェ」(Panache
と呼ばれ、これはイギリスのシャンディ・ガフと同類とみなされている。

イタリア
レモン果汁またはレモン水に砂糖や蜂蜜などの甘味料を加えた炭酸が入ってない飲料を呼ぶ
アマルフィからシチリアにかけての南イタリア沿岸で多種類のレモンが栽培されている。
レモンを漬けたリキュールはリモンチェッロ(Limoncello)と呼ばれる。

フィンランド
フィンランド語では “limonadi” あるいは “limu” と言う。コカコーラのような
炭酸飲料全般をレモネードと呼ぶ。例えば “Omena Limonadi” と言うのは、
英語で言うと “Apple Lemonade” のこと。

ドイツ
ドイツ語では “Limonade” とか “Limo” と言う。炭酸飲料全般を言う。
ビールとこのレモネードのカクテルはドイツ南部では “radler”、ドイツ北部では “Alsterwasser”
で、白ワインとレモネードのカクテルは “Limoschoppen” と呼ばれる。

オランダ
甘い濃縮果実酒を水で割ったもの全般を指す。

日本
アメリカなどと同様にレモン果汁に水と砂糖を加えたものを指すことが多い。
レモン水とも呼ばれる。また、ラムネはこのレモネードが訛ったものである。

香港
茶餐廳と呼ばれる飲食店では、シロップで甘くした水にスライスされた
レモンを添えたもので、”檸檬水” などと呼ばれる。

インドとパキスタン
アメリカと同じレシピの砂糖入りレモン水で “nimbu pani'” と呼ばれる。

ブラジル
レモン水そのもののことを指すか、あるいは、皮を剥いてないレモン・氷・冷水と
砂糖(あるいはクリーム)をシェイクしたものを言う。このシェイクしたものは特に
“swiss lemonade” と呼ばれる。

※wikipediaより抜粋

など、世界中ではひと口にレモネード/レモンスカッシュは、
どこの国でもほぼ同じ飲み物を指すんですね♪
と言っても国によって多少違う飲み物が出てくる恐れがありますので、
海外でレモネード/レモンスカッシュを飲む際には気をつけて下さいね♪

月光園游月山荘では、爽やかなレモンスカッシュをご用意して、
温泉で火照った身体に最高の一杯となっております。
レモンのすっぱさだけではなく、ほんのり甘い初恋の味!?
具楽須で一杯750円で販売中ですので、月光園にお越しの際には是非ご賞味下さいませ♪


月光園
福嶋


春一番!

みなさまこんにちは♪

少し前に雪が積ったのもウソのように、最近は過ごしやすい日が続いております。
関東地方では春一番が観測されたようで、これからまだ寒暖の差はあるものの、
徐々に温かくなり、梅や桜なども芽吹きだします♪

月光園では、鴻朧館と游月山荘の間を流れる滝川に。何本か桜の木があり、
春になると毎年とても美しい景色を見ることが出来ます。

寒い冬を乗り切って、美しい花々は生命力を感じます。
鴻朧館、游月山荘共に、春にピッタリな会席料理とビュッフェを準備してお待ちしておりますので、
是非、月光園の美しい春の景色をお楽しみにお越し下さいませ!


(游月山荘ビュッフェ/海老と春野菜の天麩羅)

月光園
福嶋


コープステーションってご存知ですか?

みなさんこんにちは♪
本日の秋晴れは本当に気持ちよかったですね!!
今日は布団を干しました。今夜はぐっすり眠れそうです♪

ところでみなさま、コープステーションという雑誌はご存知でしょうか?
生活協同組合コープこうべ発行の情報誌で、関西地域の食や暮らしなどのお役立ち情報が掲載されています!

最近、寒くなってきたしそろそろ温泉に行こうかしら?
と考えている方に朗報です!
12月号のコープステーションは特集が『ぬくもりの温泉宿へ!』です。
そして、そこに月光園が掲載されております。
月光園、施設内の写真や今、月光園一押しの氷点下ビールなども掲載されていますよ♪

現在鴻朧館では、その氷点下ビールを堪能していただく為のプランもございます!

温泉でホッカホカに温まった後に飲むビールはうまい!!
まさに至福のひと時です!

おいしいビールが飲める!氷点下プランはこちらから≫

コープステーションはお近くのコープ神戸さんで購入していただけます。
是非月光園のページをご覧下さいませ♪

月光園
福嶋


「有馬ゆけむり大学」も本日まで!

月光園からこんばんは、三谷です。

本日も「有馬温泉ゆけむり大学」を開催しております。

しかし、今日が最終日・・・・

有馬を熱くしてくれた大学生たちに感謝致します!

間もなく迎える16時より、念仏寺にて終了式を行いますので、

是非皆様も足を運んでみて下さいね♪

「修了式」
時間:16時〜16時30分
場所:念仏寺
料金:無料

有馬温泉月光園


有馬エクスプレスで快適に有馬温泉へ!

8月8日より、有馬と神戸・大阪を結ぶ新しいバスが運行を開始いたしました。
有馬エクスプレス神戸号・大阪号です。
これまでは有馬温泉までの交通機関は主に神戸電鉄と阪急バスでしたが、これでさらに選択肢が増えることになりました。

大阪号はJR大阪駅桜橋口まで約68分。
神戸号は三宮まで約33分で到着します。
乗車券のお買い求め、ご予約などは月光園フロントにて代行を承りますので、お気軽にお申し付け下さい。
(お子様の場合、2名様で大人一枚分。1名様の場合、車内で直接お支払いただくことになります。ご了承下さいませ。)

停留所は、有馬温泉駅方面から太閤橋を渡った所になります。
目印としては、袂石(たもといし)がわかりやすいでしょうか。
袂石は太閤橋のすぐそばにある高さ5mもの巨岩で、湯泉神社に奉られている熊野久須美命が袂から取り出して投げた小石が大きくなったものだと伝えられています。

まだまだ夏はこれから。ぜひ有馬エクスプレスで有馬温泉へお越し下さい。

平成20年8月9日(土)
有馬温泉月光園 松井


人形筆って、ご存知ですか?

有馬の人形筆といえば、伝統工芸品だそうです。
ご存知でしたか?

ちなみに、私は自宅で見たことがあるものの、
それが有馬の人形筆であるとは気付きませんでした。
生活に密接しているとそういうものなのだと言い訳をしておきます。

さて、この人形筆ですが、なぜ人形筆というかと申しますと、

筆を立てると軸のてっぺん(正確には軸尻というそうです)から

ぴょこん

と人形が顔を覗かせるのです!

なんとも愛らしい仕掛けの筆はその軸も糸で雅やかに飾られており、麗しいばかりです。もし墨をはねて汚れたらと思うと、ちょっと使うのがもったいないですね。

さて、この有馬の人形筆。
この人形筆にも歴史があります。生まれた由縁が。

お話は、奈良時代に遡ります。
奈良時代といえば、都を奈良に遷都し、平城京となった時代。
遣唐使も度々海を渡った頃ですね。

古事記によると、この奈良時代の孝徳天皇はお妃さまに御子ができないことを嘆かれていました。でも、有馬温泉を訪れ、逗留されたところ、まもなくご懐妊し、有間皇子を授かったそうです。
その逸話から、ずっと時間の流れた1599年。神戸の伊助という人がそのお話にヒントを得て人形筆を考案したそうです。昔は今も一般的な細筆と同じような簡素な軸だったそうです。それが大正末期から、今の人形筆のような、幾重にも絹糸を巻いた華やかな装丁になったそうです。
今も昔も、女の子はかわいい物やきれいな物が大好きです。
筆は昔の方にとって日常的な筆記用具ですが、そこにも愛らしさを求めたのかも知れません。

でも、昔の方は使っても、墨が飛んで汚れてしまったりしなかったのかしら・・・?
そんなことが気になったおかモチでした。
月光園の館内でも、この有馬の人形筆を展示・販売しております。
見るだけでも愛らしい筆、ぜひお土産のひとつにご一考くださいませ。

平成19年11月26日(月)
有馬温泉月光園 岡本


【有馬温泉月光園便り】有馬温泉泉源巡り〜極楽泉源〜


 梅雨に入り、雨の多い時期となりました。ホタルもピークを過ぎて、有馬川でも見れる数は数匹となってしまいました。

 さて本日は有馬温泉の数ある泉源の中から極楽泉源のご紹介です。

 月光園から金の湯へ向う途中に、角の坊さんがございます。この角の坊さんを右に曲がり、階段を上りますと、極楽寺がございます。この極楽寺と銀の湯の間に極楽泉源がございます。この泉源は約94度の金泉を各旅館へと送り続けております。

 かつては太閤秀吉の湯殿(現在の太閤の湯殿館とされています。)へ金泉を送っていたとされ、月光園からも約10分のところに位置しております。

 最近改修工事が行われ、井戸が追加されたようです。最新の設備を施されたため、煙突が無くなってしまい、温泉地ならではの湯煙が出ない状態となってしまったことが、個人的には残念なのですが、この泉源から金泉を得ている旅館様も多いので、泉源巡りをするのであれば、絶対にはずせない泉源の一つだと思われます。

 平成19年6月29日 有馬温泉月光園 門口

 


【有馬温泉月光園便り】太閤の湯殿館のご案内


 今日の月光園便りは最も太閤秀吉と関係が深い「太閤の湯殿館」のご紹介です。

 神戸市に壊滅的な被害をもたらした阪神・淡路大震災はまだ記憶に新しいと思います。有馬温泉も例外ではなく、様々な施設様や寺社が被害を被りました。その被害にあった極楽寺において、秀吉が造らせたといわれる「湯山御殿」(ゆのやまごてん)の一部と見られる遺構が発見され、様々な出土品も発見されました。
 
 これらの遺跡と出土品を保存・公開しながら、秀吉とゆかりの深い有馬温泉の歴史と文化をご紹介しておりますのが、太閤の湯殿館です。 

太閤の湯殿館へは、有馬温泉駅前から「ねね橋」に向って川沿いに歩き、太閤通りへ入ります。太閤通りを左折し、湯本坂の金の湯を右折し、左手の寺町へと進む階段を上り、そのまま進むと極楽寺がございます。その極楽寺の一部が太閤の湯殿館となります。

 館内には当時主流だった「蒸し風呂」と「岩風呂」の遺構をそのまま取り込んで展示しております他、秀吉の御殿での生活をしのばせる焼き物や復元された龍の飾り瓦などの出土品が展示されているだけでなく、秀吉と有馬温泉の深い関わりを示した資料なども展示されています。
 内装には、レプリカですが、安土桃山時代の「ふすま絵」「飾り欄間(らんま)」を取り入れ、太閤秀吉の”夢の跡”を再現しております。

 太閤秀吉が愛した有馬温泉にお越しの際は是非お寄りくださいませ。

平成19年6月24日 有馬温泉月光園 門口


【有馬温泉月光園便り】 有馬温泉お勧めスポット 

【有馬温泉月光園便り】 有馬温泉お勧めスポット 〜瑞宝寺公園と太鼓滝〜

 本日は有馬温泉のお勧めスポット、瑞宝寺公園をご紹介いたします。

 瑞宝寺公園は、明治初期に廃寺になった黄檗宗(おうばくしゅう)瑞宝寺の跡地を、神戸市が1951年に公園として整備したものです。紅葉の名所として知られ、秋になると沢山の観光客で賑わいます。

 瑞宝寺の歴史はかなり古く、豊臣秀吉も度々有馬を訪れていたようです。秀吉が「いくら見ても飽きない」と言ったくらい、この瑞宝寺の紅葉を気に入ったという故事が残されております。またこの地の紅葉には「日暮らしの庭」という別称までございます。秀吉が囲碁を指したとされる石の基盤も公園内に残されております。

 旧瑞宝寺公園の山門は、京都の伏見桃山城から移築されたものだそうで、1976年に神戸市によって保存修復され、現状に至ります。
 
 また毎年11月2日・3日には「有馬大茶会」が公園内で開催されております。

 そして公園内の道を横を流れる川のほうに向いますと、太鼓滝がございます。こちらの滝はけっこう隠れスポットです。我々従業員でも知っている者は少ないようです。

 あまり大きくない滝ですが、あまり知られていないせいか、非常に静かで、滝の落ちる音が非常に心地よく、癒しの効果抜群のスポットです。
 また、太鼓滝の横には、先日ご紹介いたしました有馬癒しの森へと続く入り口がございます。

 有馬温泉にお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

平成19年6月23日 有馬温泉月光園 門口


カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログ内検索

アーカイブ